包茎治療・ED治療・AGA治療

男性の3大悩み 包茎

ひとりで悩んでませんか

包茎は、亀頭(陰茎先端部)が包皮でおおわれている状態を意味します。
生まれたばかりの時は包茎です。しかし、幼児から少年期(小学校高学年)以降、包皮と亀頭の癒着が取れ、勃起をくり返すうちに包皮の先端が伸びて大きくなり、青年期には亀頭が露出します。そして、勃起していない“いつもの状態?でも、皮がむけたままになります。これが成人男性の正常なペニスの姿です。
しかし、大人になっても皮をかぶったままの人がいます。これが「包茎」です。日本人の80%は包茎と言われていますので、「自分だけが・・・」と悩むことはありません。

 

包茎のデメリットはたくさんあります

包茎の状態は、皆さんが自覚している以上に様々なハンデや問題点があります。
20代から30代の前半までは比較的に新陳代謝がよく、免疫力や抵抗力も強い為、これと言った重大な症状になることが少なくても、30代後半から40代、50代へと年齢が進むにつれ、中年から高齢になるに従い、皮膚疾患など様々な障害に陥ることが多いようです。

 

包茎=SEXに関するハンデ

亀頭がいつも包皮で保護されている(かぶっている)為、亀頭が刺激に弱くなり早漏になりやすい。
包皮のダブツキが多く、ペニス自身が女性器へ与える摩擦が少ない為、女性が満足しづらい。

 

包茎=外見上のハンデ

成人のペニスは「むけている」、子供のペニスは「かぶっている」という認識があるため幼稚に見え、自信が持てない。実際の大きさよりも小さく見えやすい。ペニスの発育を阻害する。特に亀頭の発育を妨げているケースが多い。

 

包茎=衛生上の問題

包皮の内側が湿っぽく雑菌が繁殖しやすくなります。
包皮炎、亀頭炎、尿道炎等をひきおこし、性病になりやすい。
亀頭粘膜が弱い為粘膜感染しやすく、性病にかかりやすい。
不衛生な状態で性行為を行うと女性の膣炎を誘発することがある。
不潔になり易く、臭いが生じる。

 

包茎治療で大切なポイント

ペニスの状態には個人差がかなりあります。しっかりとしたカウンセリングを受けることが必要です。
院長自ら治療を担当し、アルバイトや専門外の医師が治療を行うことが無いこと。
担当医が医大時代に形成外科や一般外科、整形外科など外科系の診療科研修を終了しているか。
治療後のアフターケアは万全かをチェック。
治療前におけるカウンセリングに十分な時間を費やし、全て納得の上で治療に望めるか。
病院のイメージではなく、担当する医師の信頼性や経験を見極めること。

 

男性の3大悩み ED(勃起不全)とは?

勃起機能の低下(インポテンツ)のことで、インポテンツの患者数は日本でも900万人以上と言われています。EDは特殊な病気ではありません。誰もがかかりうる治療可能な病気です。専門的には「性交時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が維持できないため、満足な性交が行えない状態」と定義されています。

 

ED(勃起不全)で悩んでいるのは私だけ?

そんなことはありません。最近、日本で行われたEDについての疫学調査の結果によると、日本でも現在、40〜70歳の男性の半数以上が何らかの原因でEDになっていると考えられています。EDはなかなか口に出すのが恥ずかしいということで、その実体を把握するのが難しいのですが、日本でEDに悩む人は、1,130万人とも言われています。

ED(勃起不全)の原因は?

勃起は神経系と血管系が正常に働くことにより起こります。性的な興奮が神経を介して陰茎に伝わると、陰茎の血管が拡がり血液が流れ込み、勃起が起こります。EDは、性的刺激がうまく伝わらなかったり、陰茎に血液が十分に流れ込まなくなった状態です。
原因は大きく3つに分類されています。また、原因は1つとは限らず、ほとんどの場合いくつかが重なっています。

 

@ 身体的原因
心臓病、高脂血症、脊髄損傷、神経の病気、喫煙、高血圧、糖尿病、骨盤内手術後などの病気や陰茎の構造上の問題が関わり、病気が進行するにつれ徐々に勃起機能が低下します。
A 心理的原因
うつ病、ストレス、精神不安、などの心理的な原因によってEDになる場合です。性行為失敗などのきっかけによってED(勃起不全)が発症します。
B @とAの両方
身体的原因と心理的原因の両方が関係するEDです。

 

治療は高くないの?

ED治療は保険が適用できません。自由診療の分野であるゆえ、男性の悩みに詳しい、悩みを知り尽くしたクリニックでと考えるのは当然だと思います。泌尿器科などに行くと受付や看護士(女性)に、『今日はどうされました?』と聞かれる不安がありませんか。 当サイトでおススメしているクリニックは全て男性スタッフだから安心。

 

男性の3大悩み AGA(抜け毛)

AGA(男性型脱毛症)とは男性特有の脱毛症のことで、 日本全国に約1,260万人はいると言われています。
30〜50代の男性に多く見られ、 額の生え際や頭頂部の髪がどちらか一方から、あるいは双方から薄くなり進行していくケースがほとんどです。

 

AGA(男性型脱毛症)は、一般的に遺伝や男性ホルモンが原因だと考えられています。テストステロンと呼ばれる男性ホルモンには、ひげや胸毛など体毛の成長を促す一方で、髪の毛の成長を抑制する作用があります。
「毛深い人は薄毛になりやすい」とよく言われるのは、この男性ホルモンのためです。

 

そして近ごろは、不規則な生活や社会的なストレスが原因と思われる、20代を中心とした若者のAGA(男性型脱毛症)も増えています。
ストレスによって収縮した筋肉が頭皮の毛細血管を圧迫し、 毛根に栄養が行き渡らなくなるのです。

 

しかし、髪の毛が薄くなったからと言ってあきらめる必要はありません。
生活習慣を改め、健康な生活を心がけることで、AGA(男性型脱毛症)の進行は遅らせることができます。
また、AGA(男性型脱毛症)は、徐々に進行しますから、 初期段階から育毛剤などでケアをすることも大いに意味があります。 薄くなってしまった場合でも、最近は植毛の技術も進化しています。

 

一度、スキンサポートクリニックの頭髪専門カウンセラーまでご相談ください。
患者様一人ひとりにあった治療方法をご紹介致します。